未分類

パーマとカラーは同時に施述していいのか?

投稿日:

Pocket

パーマとカラー同時に施述していいのか?

単刀直入に、パーマとカラーリングは同時に施述するのはあまり良くないと言えます。

そもそも、パーマは還元作用(カラーの色を落としたり抜いたりしてしまう)がある為、カラーの後にパーマは基本的にやらないのがどこのサロンでも普通であります。

そして、パーマの薬剤の1剤が頭皮に必ずついてしまうので、その後に行うカラーリングでさらに頭皮を傷めてしまう恐れがあるので、基本的にパーマとカラーリングを同日に施述するのはあまり好ましくないというわけです。

どうしてもやりたい!

どうしてもやりたい場合は、どんな時でも先にパーマをやってもらいましょう!

いかんせん、パーマは還元作用があるのでカラーをやっている髪の毛は色が抜けてしまうから、先にパーマをやらなければなりません。

そして、できる限り2〜3日あけてからカラーリングを行うのがベストだと思います。

 

なぜ??

そもそも、パーマもカラーもアルカリ剤を使った薬剤になりますので、アルカリは物を腐らせる作用があります。

なので、このアルカリを使う特殊技術において、パーマも残留アルカリが少なからず存在するので、一度先にパーマをあてたあとには必ず数日置いた方が頭皮に優しいわけです。

 

時間がかかる!

なんといてもパーマとカラーリングの同日施述はとっても時間がかかります。パーマは基本的に2時間は見ていただきたいところです。

そして、カラーリングも1時間はかかります。

仕上がりを予想して全身全霊で行う施述はとっても難しいものがあります。パーマでもイメージが変化して、さらにカラーでもイメージチェンジがあるので、全く最初と最後で違う雰囲気になることが多くお客様の中でもなかなか同時にやる人は少ないのが普通です。

 

まとめ

本当にやりたい方は、いつも行っている美容室・理容室のスタイリストのかたに相談してみましょう!

どちらにせよ最初はパーマをやったあとにカラーリングを行うのが普通ですので、パーマで思い通りのスタイルになったらカラーもやりたいイメージに寄せていくのにしましょう!!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男は前髪を上げるか下すかで印象の違い

Pocket前髪が与える印象の違いは大変大きいです。 サイドとバックは人からも見えにく所ですが、 前髪は会って一番最初に見える部分で、髪型でも最も重要なパーツといっても過言ではありません! 特に、男性 …

絶壁を治す方法!

Pocket 男性の頭の形で一番悩みの多いのが「絶壁」! Barber blow drying clients hair 『後頭部にかけて丸みがなくヘアスタイルの立体感が出ない。』 『スタイリングして …

映画の髪型で見るオールバックヘア!

Pocket 映画で見るカッコイイ男のオールバックヘアスタイル! カッコイイ男のオールバック 私はかなりの映画好きなのですが、ここで今まで見てきた作品の中から最もオールバックがカッコよかった・似合って …

おしゃれ刈り上げ

Pocket男のおしゃれ刈り上げ 是非、一度はチャレンジして欲しい刈り上げメンズスタイル。 刈り上げと言っても昔のタラちゃんやコボちゃんみたいな、青くてただ短いだけの刈り上げとは違います! 現代の刈り …

スポンサードリンク